PULLUP


ビジネスねっと

株式会社プルアップは一棟RC収益物件に特化した不動産投資専門会社です。出口戦略のことなら弊社へお任せください。オーナー様の利益を最大化致します。


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

「あの古民家、売りに出されてるんだって!」耳ざとい友人が、お茶会に情報を持ち込んだ。古民家というのは、駅から徒歩10分位の場所に残る、昔ながらの家だった。駅に近いという最良の立地なのに、それなりの敷地を持つその家が残っていたのには訳がある。所有者がその古民家を残したがっていたのだ。 誰も住む者がいなくなっても、自分が子供の頃に住んだ家を壊せないでいる例は多い。懐かしさもあるし、躊躇いもある。より現実的に解体費用がかかるとか、上物がなくなると固定資産税の優遇措置がなくなってしまうということも要因の1つだろうとは思う。ただその古民家は、少し事情が違っていたのだ。 「こういう古い日本の家を、次の世代に残していきたい」それが所有者の意志なのだという。だから大手のメーカーが日参しても、首を縦には振らないと、もっぱらの噂だった。所有者の知り合いが中を見せてもらったとかで、「今、こんな家を作ることは出来ない」と言ったとか言わなかったとか。 それからしばらくして、また驚くべきニュースが飛び込んできた。古民家の耐震補強をして、限定1部屋の宿泊と囲炉裏を囲んでの薬膳や創作料理の営業を行うというのだ。所有者が意を同じくする仲間と相談し、投資会社にも助言してもらって決めたそうだ。「会社組織にして運営するそうよ。プルアップという会社のアドバイスみたい」 「それで、やっていけるのかしら」沈黙は一瞬だった。「でも私、食べに行きたいかも」何人かが頷く。私も同感だった。古民家の内部もぜひ見てみたい。「オーナーは、所有者のお孫さんなんですって。畑も借りて、料理に使う野菜を育てたりするみたい。牧場ともタイアップして、美味しいミルクで作ったスイーツも提供するんですってよ。そっちの代表は所有者が務めるて野菜作りに専念するそうよ」羨ましい…私たちの思いは同じだったに違いない。
Tagged on: , PULLUP