アテネ・フランセ


<<会社URL:http://www.athenee.jp >> ビジネスねっと


フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

気軽にレッスンが受けることができれば、友人や知人と一緒に語学を学ぶことができます。東京の語学学校では、フランス語を学ぶことができます。システムもシンプルで、オンラインでクラス登録が可能です。しかし、受講生の数が多い場合は、受け付けが終了してしまう場合があるので、注意しましょう。コースは14以上ありますし、数多くの知識人や文化人を輩出しているので、信頼性があります。また、入学の基準は、中学校を卒業していれば、受講できるので、誰でもレッスンに参加することができます。語学学校には、仏検合格のための傾向や対策を真剣に考えられた講座があります。仏検の直前になると、実践形式の授業を進めていくので、達成感が得られます。講座では、フランス語のネイティブ講師が、テクニックを解説しながら、面接試験に効果的な練習を積み重ねていきます。開講日時や担当講師は決められているので、自分自身のレベルを確かめてから、予約をしましょう。短期集中講座は、入門から実務的な通訳まで、幅広い分野を体験することができます。入門科では、オリジナル教材を使い分けながら、日本語で分かりやすく説明するので、理解度も深まります。日常的な表現を活用して、コミュニケーション能力を養うので、友達や知人ができるかもしれません。クリスマスシーズンになると、イベントも開催していて、本場のワインを飲むこともできます。また、イベントでは、絵画を楽しむことができます。フランスの文化を学ぶときも、先生の解説を聞きながら、様々な知識を身に付けることができるので、人気があります。語学のレベルチェックをするときは、ベテラン講師のインタビューを受けて、目安のレベルを確かめることが可能です。通常コースと自分のペースで学べるものがあるので、働きながら、通い続けることができます。講座は、自分自身の判断で受講することができますが、口頭試験もあるので、真剣に取り組みましょう。
Tagged on: , アテネ・フランセ