アテネ・フランセ


<<会社URL:http://www.athenee.jp/2_english/04_fuyu/course/06_business_sougou.php>> ビジネスねっと

ビジネス英語を東京で身に付けるなら定評のアテネフランセへ。英会話だけでなく、ライティングやリーディングまで総合的に身に付けます。


英語の関連情報

英語(えいご、English)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

英語は日本人にとって身近な外国語の一つです。最近では小学校から英語を学ぶことができます。しかも、小学校に上がる前の子供に英会話を学ばせる親も増えています。英語が理解できるようになれば大人になって何かと都合がいいと考えるからです。実際、街には英語が表記されている看板などが沢山あふれています。ビジネスにおいて英語ができるとできないとでは待遇が大きく違います。ただし、英会話ができるようになってもビジネスに活かせるわけではありません。ビジネスにおいて必要な専門用語を英語に変換する必要があります。しかも、ビジネスでよく使われる専門用語は英語です。そのためにもう一度英語を学びなおす必要が出てきます。話は変わって東京には英会話学校が沢山存在します。沢山のある英会話学校から適切な学校を選ぶために何が必要なのでしょう。ポイントが幾つか存在します。まず、英語を話せる状況を作ることです。ビジネス英語の前に英語を話すことが前提になります。結果を出すことを前提にしている学校についてチェックしてみましょう。結果を出すために必要なのが学校のシステムです。ただし、一般的な学校でも「1年で英語が身につきます」と普通に言っています。それが確実にそうなるかは一年たたないと分かりません。しかし、それでは学校を選ぶのに時間がかかりすぎます。英会話学校のカリキュラムは学校によって違います。「1年で英語が身につきます」と言い切れるのはそれだけ学校が提供しているサービスに自信があるからです。サービスを確認すればどの学校も一流を揃えています。内容を確認すれば大抵の人が納得できるはずです。そこで卒業生の実績も確認する必要があります。きちんとした英会話学校なら卒業生への動向などをはっきりさせています。ただし、文章では伝わらないことも多いかもしれません。文章で英会話力を測るのは難しいものの、十分参考にはなるはずです。総合的に判断してビジネス英語を学ぶ前に英語の基礎を学んでおくことが大切と言えます。
Tagged on: , アテネ・フランセ