桃とひよこ保育園


<<会社URL:https://momotohiyoko.com/>> ビジネスねっと


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

子供にとって保育園とは生まれて初めて社会性を学べる場であり、家庭では教えられない様々なことに触れる機会が多くある場所です。食育もそのひとつで、この保育園では子供たちの食に対する関心を高めるため、食育活動を積極的に行っています。食の専門家でもある食育アドバイザー指導のもと、食べることについて学んでいきます。ただ食べるのではなく、自らの手で農業体験をし、野菜を作っていくことで、作物に対する愛情を学ぶことができます。さらに、子供たち自身が苗や種を植えることで、自分たちが植えた種や苗がどうやって成長し、どのような食べ物になるのか、という期待感と共に学習意欲を掻き立てていきます。収穫した作物は収穫したその日うちに、給食として食べるのですが、ここにもこの保育園ならではの特徴があります。収穫したものを子供たち自身の手で調理するのも、この保育園の食育指導です。自分たちで収穫した野菜を調理することを通じて、子供たちの食への関心を引き出します。このような食育は、この時期の子供たちにとってとても重要な学びであり、食べることに関する感謝の気持ちを育むこともできるのです。その他にも、専門の講師による英会話教室やベビーヨガなども取り入れています。保育園で過ごす時間が楽しくなり、また、周囲の子供たちと積極的にコミュニケーションを取りながら楽しく参加できるような遊びが行われています。音楽を取り入れた遊びや、お誕生日会、クリスマスやハロウィン、夏にはテラスでのプール遊びなど、様々な季節のイベントも用意されています。さらにわこの保育園では子ども達の自由な発想を大切にするよう心掛けてくれています。そのため、壁一面に自由に落書きできる落書きコーナーやたくさんの絵本などを用意しており、それによって子供たちの想像力と知的好奇心を高めてくれます。このように色々な角度から子供たちの心に訴えかける学習をしていくことで、自由で伸びやかに成長していくサポートをしてくれる保育園です。
Tagged on: , 桃とひよこ保育園