株式会社シグマテック


ビジネスねっと

調液・培養装置メーカー、シグマテックのホームページ。埼玉県にて、医薬品や化粧品をはじめ各種プラントエンジニアリング、医薬品や化粧品の製造装置医薬品や化粧品製造に関わる各種バリデーションの作成業務を行っております。


リサイクルの関連情報

リサイクル(英: recycle)とは、「再循環」を表す概念で、具体的には、廃棄物等を再資源化し、新たな製品の原料として利用することである。資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化等とも呼ばれる。同一種の製品に再循環できないタイプの再生利用についても広くリサイクルに位置付けられる。 リデュース(reduce、減量)、リユース(reuse、再使用)と共に3Rと呼ばれる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

株式会社シグマテックは薬品用設備の設計・製造を行っているという。 薬品を一つ製品として店頭や医療機関に流通させるためには安全・正確・迅速・清潔に 工程を行える優れた設備が必要になるのだ。 わたしが普段、何気なく飲む薬の開発や製造には無くてはならない企業であると言えるだろう。 わたしが日頃、お世話になっている薬の話をしてみたい。 最も頻繁に飲む薬と言えば頭痛の鎮痛剤だ。 わたしは子供の頃から頭痛持ちなのである。 病院の頭痛外来にかかって判明したのだが、 この頭痛は片頭痛と呼ばれるものだ。 以前は市販の鎮痛剤を服用していたのだが、 たびたび服用していると、だんだん効き目が弱くなってしまった。 仕方なく、病院の頭痛外来にかかり効き目の強いトリプタン系の鎮痛剤を処方してもらった。 次によく服用する薬は胃腸薬だ。 若い頃はそうでもなかったが、歳を重ねると脂っこい食事を摂ると胃がもたれやすいのだ。 胃腸薬は人により効き目がかなり違うと聞くが、 どうやらわたしには合っているようで、結構効き目があるので助かっている。 後は正露丸にお世話になることが多い。 昔からお腹を下しやすく厄介だ。 お腹を下すのは時と場合を選ばないので、 常に正露丸はカバンの内ポケットに常備するようにしている。 この手の薬はあるか無いかでは安心感が大きく違うものだ。 わたしたちが普段、服用する飲み薬をはじめ各種薬品は絶対に無くてはならないものだ。 現代は新たなものも発見され続けているほど多種多様の疾患が存在する。 病院へ行ってみると実感できるのだが、順番待ちをしている患者の多いことに驚かされる。 これだけ多くの人々が日々、病気で苦しんでいるのだ。 薬品の開発者、製造者、医療関係者の方々は病人の苦しみが一日も早く無くなるように、 日夜、開発・研究に勤しんでいる。 忘れがちなのだがわたしたちはそのような方々への感謝を持っていたい。
Tagged on: , 株式会社シグマテック