DRERICH


ビジネスねっと

レンタルドレスなら東京・横浜・大阪・福岡・大宮・名古屋全国6店舗のDRERICH!ドレス単品8500円~、ドレス+小物+コーディネート込み13,500円!NHKやTVで取材されたスタイリストがコーディネートしてくれるレンタルドレス。ゲストドレス・ウェディング&タキシード・謝恩会・ブライズメイド・子供ドレスなど、多くのシーンに合わせコーディネート。全国配送OK!ネットでレンタルも承ります。


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドレスを着る機会がある場合、自分で高価なドレスを購入することもできますが何度も着るものではないためもったいないと思うかもしれません。そんな時に利用したいのがレンタルドレスです。注目されているレンタルドレスのショップでは、結婚式や二次会に最適なドレスが多数取りそろえられているため、きっと気に入ったものを見つけることができるはずです。東京をはじめとした6つの都市に店舗が構えられていますが、ネットでレンタルして全国に配送してもらえるのでどこからでも利用することができて便利です。実店舗でレンタルすると顧客それぞれにとって最適なドレスをスタイリストにコーディネートしてもらうことができます。シューズやバッグ、アクセサリーなども全てコーディネートしてもらえるので、自分で用意する必要がなくて便利です。またレンタルする前に試着することができるので、体にフィットしないといったトラブルを防ぐことができます。一方でネットでレンタルするとスタイリストによるサービスは受けられませんが、実店舗よりもリーズナブルな料金でレンタルすることができるというメリットがあります。店舗を利用する場合には事前に予約しておく必要があり、60分かけてコーディネートしてもらえます。レンタルした商品は店舗で受け取ったり郵送してもらえる他に、店舗で着替えてヘアメイクまで仕上げてもらうことができます。ネットでレンタルして支払いを済ますと商品が届けてもらえて、利用した後はクリーニングに出さなくても返却することが可能です。取りそろえられているドレスはニューヨークやロサンゼルスで買い付けられてきたもので、サイズの種類も豊富です。シューズでも大きなサイズが用意されているため、幅広い人のニーズにこたえることができます。このレンタルショップの代表は雑誌やテレビといった様々なメディアで活躍してきた経歴を誇っており、センスの良さにおいては定評があります。
Tagged on: , DRERICH