誠友堂


<<会社URL:http://seiyudo-gold.com/case.html>> ビジネスねっと

金の売却・贈与・相続などの事例を紹介しております。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。


装身具の関連情報

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

金に関して、有意義に換金、そして贈与したいと感じているなら、その際にできるだけ税金がかからないように工夫をするべきです。インゴットなどの状態で塊で所有している場合、どうしても大きな税金が発生してしまいます。だからこそ、特定の業者にお願いをして、小分け分割する必要があるでしょう。銀座で活躍中の銀座誠友堂なら、地下鉄銀座駅から徒歩1分のところにあるので、簡単に利用することができます。銀座誠友堂は、もともと昔の鎧、そして刀などを取り扱う所として有名ですが、買取の取引を行う中で、顧客から金の節税方法などを学ぶようになりました。そして今、こうして金の小分け分割サービスを行うようになっています。実際に銀座誠友堂を活用して、節税ができている人が非常に多く存在しているので、興味があると感じている人は、ぜひとも利用してみるのがオススメです。小分け作業に関しては、その時によってどのくらいの手数料がかかるのか変わってくるので、実際に調べてからお願いをしましょう。メールや電話でホームページ上からすぐ問い合わせができます。また、どちらにせよ、銀座誠友堂で金の小分け分割作業をお願いする場合、完全な予約制となっているので、先に連絡を入れておく必要があります。予約を入れた後で実際にお店に足を運び、金を渡すのと同時に預かり証を受け取るのが基本的な流れです。預かり証に関しては、当然ながら受け取る際に必要になってくるので、絶対に紛失しないよう、大切に保管しておきましょう。その際に、小分け分割作業をすることで、どのくらいの節税になるのかも、親切丁寧に教えてくれます。なお、金の分割作業だけではなく、本業となる刀と鎧の取り扱いに関しても、非常に充実しているお店なので、注目しておきたいところです。美しい刀を200振以上も所有していることから、一部のコレクターからは大きな支持を集めています。金の精錬依頼目的で足を運んだ暁には、試しに見てみると良いでしょう。
Tagged on: , 誠友堂